RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

愛知・岐阜 家庭教師アズのブログ

家庭教師のアズ 教務室から最新進学情報をお届けするブログです!
<< 定期テストにむけて | main | 偏差値って? >>
高校入試に向けて
0
    こんにちはニコニコ 朝と夜は、かなり寒くなってきましたね。ムニョムニョ

    気温の差が激しいので、体調管理には特に気を付けていきたいですね

     さて、高校入試に向けての勉強が本格化するのは、今からですよね。

    今日は、受験勉強をする際のアドバイスをしていきたいと思います。グッド


     どんな学習方法が1番効果が上がるのでしょうか?

     多くの時間を勉強の時間に割かないと不安になる時期にさしかかっていますが、

    長時間勉強することと成績が上がるということは必ずしもイコール関係にはならないことは

    理解しておく必要があると思います。
     
    さまざまな問題集を数多く解くこともまた、あまり効果の期待できない、

    自己満足に終わってしまう可能性が高い勉強方法だといえます。

    さまざまな問題集に数多くあたる時間があるのなら、むしろ、

    志望校の過去問を繰り返し解くことに時間を使うべきです。

    もちろん、たいていの受験生は、志望校の過去問を一度は解いていることでしょう。

    しかし、それだけでは十分ではありません。最低でも、三周以上は解いておく必要があります。

    こういうと、多くの方は「一度解いたことがある問題では力がつかない」、

    「解答を覚えてしまうから、意味がない」などと考えてしまうようですが、

    過去問を繰り返し解いておくことには、それ以上の大きなメリットがあるのです。
      
     入試の過去問は、重要な問題が凝縮して入っています。過去問を繰り返し解くなかで、

    どの分野が重要なのかが理解できます。



    また、数学であれば、よく出題される部分のみを繰り返し解くことで、

    考える能力がつき、そのほかのいろいろな問題に応用ができるようになります。


     入試の過去問は、解くだけでなく、どの部分で間違えたかをしっかり把握して、

    似たような問題を探して解いてみることによって、さらなる理解ができるようになります。

    また、間違えた部分は、しっかりと直して、

    ノートにどの部分で間違えたかなども書き留めておきましょう。
     
    余談ですが、勉強をする時間の区切り方については、

    1教科の学習時間は30分程度にするのが理想です。



    1人で1教科を1時間学習するとなかなか集中力がもちません。

    1教科あたりの時間を少なくすれば、効率が上がると思います。

    1度試してみて下さいね。鉛筆


    ホームページもあわせて見てね。   
        岐阜家庭教師のアズ
         担当 玉利

    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
    岐阜県(全域)・愛知県(北部)にお住まいの方で

          家庭教師による指導を検討中の方はこちら

            家庭教師として登録したい人はこちら
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    | - | 12:57 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
    高校受験生としてタメになります
    | 奈津妃 | 2010/10/16 5:59 PM |










    http://atoz.blog.moo.jp/trackback/1224133